自由形式

ウェルネス・お金関連・経済等の記事読んで共感したものなどメモ感覚で書いてます

ポジションと権限で責任を持つようになる!


スポンサードリンク

結論から言うならば、

 

ポジションと権限を負わせることで人は責任を感じるようになる。

 

重りに感じると思うが、

 

そもそも責任を感じる最初の段階は、

 

他に振ることができない、自分でなんとかしないといけない

 

「背水の陣」的な心が責任に出発点だと思う。

 

背水の陣は、

海を背にして戦いに挑むときに、後ろの船を焼き払って退路を断った話からきている。

 

これは自ら退路を断った話だが、

状況的に退路がない状態が「責任」なのです。

 

つまり誰かにお願いできる環境があったとしても、

「ポジション」が決まっており、自分のフィールド内の仕事であれば、

簡単に誰かにお願いすることはできない。

まず自分で処理しないといけない。ここが責任なのです。

 

自分で処理できないところを、

「手伝ってもらう」

「サポートしてもらう」

 

だが丸投げはできない。

自分のフィールドで起きたところだからなんとか、ここで食い止めたいということが責任だ。

 

そして、ある程度の権限が与えられているのも関係があります。

ただポジションを与えられるだけでなく、そのポジションに見合った権限があることで、責任が完璧に作動します。

 

サッカー日本代表の試合を見ても、

皆それぞれのポジションがありそこで全力を尽くしている。

ポジションを与えられ、そしてフィールド内では自分のプレー(権限)が与えられている

他に振ることができない、自分でなんとかしないといけない

 

この2つをうまく使えば、

 

無責任な男が責任を持つのです。

 

私が自ら経験済みです。