自由形式

ウェルネス・お金関連・経済等の記事読んで共感したものなどメモ感覚で書いてます

"起業したい病"の若い人達が見落としてしまう重要な視点


スポンサードリンク

最近学生や社会人の方々とお話していて強く感じるのは、「起業」することが輝く人生への1つの道であるという価値観は、すっかり定着したということだ。

とりわけ、若い世代は、1つの強迫観念のように、「起業したい」と思っている方が多い。

もっとも、現実にはそう簡単ではない。起業して、数年後も残っている会社はごく一部である。ましてや、成功して株式公開にまでこぎつけるのは、ごくわずか。

考えてみれば、すべてのベンチャーが成功したら、この世はベンチャーだらけになってしまう。成功する確率が低いからこそ、活躍する起業家は人々のあこがれとなり、時代のスターとなる。

リスクが高すぎるというので、起業をあきらめて、「普通に就職します」という学生も多い。そんな彼らの本音を聞いていると、ほんの少しの発想の転換で違った道もあるのにと、もったいなく感じる。

人間の脳の働きの視点から、さまざまな方に問題提起したいことがある。それは、どんな人も、会社に勤めている人でも、学生でも、主婦や主夫でも、自分の時間をどう使うかという選択と実行においては、実は自分の人生の「経営者」であり、「起業家」であるということだ。

毎日の通勤時間をどう使うかは、1つの「投資」。
 

例えば、会社員が、通勤の電車の中でスマートフォンの画面を見ているとする。一日数十分の時間を、そのようにして「投資」している。何に投資しているのか、それが問題だ。

ゲームをやっている人は、単なる暇つぶしとも見られるし、最新のゲーム事情のリサーチをしているとも考えられる。電子書籍を読むにせよ、どんなジャンルの本を、日本語で読むのか、英語で読むのかで得られる知識は変わってくる。

仕事を終えた後に、どんな人に会うのか、誰と話すのかも、1つの「投資」行動だと見ることもできる。新しい世界を知ることにつながるかもしれないし、仕事に結びつくかもしれない。ありとあらゆる可能性の中から何を選ぶのか、その選択そのものが、人生の「経営」である。

 

自分は会社勤めだから、起業や経営は関係ないと思い込んでいる人は、事態を客観的に見ていない。実際には、自分の自由になる時間をどう使うかが、人生の投資であり、経営そのものである。

人生の投資は、いつどんなリターンがあるのかはわからない。英語の勉強をして、それがどのように将来の仕事に結びつくのか。プログラミングを学んで、それがどう生きてくるのか。それを推理するのが、人生の経営感覚である。

人生の活動の無限の可能性の中から、何を選び、どれくらいの時間をかけるのか。その選択をするのは、「あなた」である。その意味で、「あなた」は自分の人生の経営者であり、起業家なのだ。

自分の人生の経営や起業は、会社に勤めていてもできる。普通に学生をやっていても、主婦や主夫をしていてもできる。そう考えたら、肩の力が抜け、自分の人生の選択が楽しくなってくるのではないか。

毎日の人生の中で、小さな選択、決断の積み重ねをすることが、いつか本当に「起業」したり「経営」したりすることに結びつくかもしれない。

「起業しなきゃ」というプレッシャーはかえって不自由だ。「会社員でも人生の起業はできる」という発想の転換を、おすすめするのである。