自由形式

ウェルネス・お金関連・経済等の記事読んで共感したものなどメモ感覚で書いてます

キャッシュレス決済のメリット・デメリットを知っておきたい!


スポンサードリンク

f:id:jiyuukeishiki:20190718235951j:plain

 

経済産業省キャッシュレスの現状と今後の取組」(2018年5月)によると、世界各国のキャッシュレス決済比率の比較では、進展している国が40%〜60%であるのに対して、日本は約20%。

日本は、まだまだ現金による支払いがメインなのです。

閣議決定された「未来投資戦略2017」によると、2027年6月までにキャッシュレス化を倍増して、決済比率40%程度を目指すとのこと。

なぜ日本人はキャッシュレス決済をあまり利用しないのか。

キャッシュレス決済のメリットとデメリットについて書いていきます。

 

不安に感じる、キャッシュレス決済の心理的要素

「キャッシュレス決済」という言葉がなかったころから取材をしている筆者が感じるのは、日本は世界的に見ても現金を尊重する国であること。

博報堂生活総合研究所の「お金に関する生活者意識調査」(2017年12月)

では、キャッシュレス社会に反対する理由として次のことが挙げられています。

 

1位:浪費しそうだから

2位:お金の感覚が麻痺しそうだから

3位:お金のありがたみがなくなりそうだから

4位:現金は必要だから

5位:犯罪が多発しそうだから

 

現金の方が安全・安心」ということなのでしょう。

たしかにそう感じるかと思いますが、

「〇〇ペイ」の大キャンペーン、コンビニやスーパーで広がろうとしているセルフレジなど、社会がキャッシュレス決済に面舵を切るようになると、

キャッシュレスで決済するしかない、現金で支払う場所が減っていくのは必然です。

 

現金感覚で使える、デビットカードから始めるべき!

キャッシュレスのメリットには、物理的な利便性と決済サービス会社による特典があります。

 

・現金を持たなくてよいから安全

・ATMに並んで口座から現金を下ろす手間が不要

・ネット通販で即時決済が可能。振込や代引きなどの手間がなくなる

・利用履歴がデータ化され、管理がしやすい

・決済ごとに貯まるポイント

・利用実績やキャンペーンによる特典

 

一番良いのは、後払いになるクレジットカードを使わずに、

金融機関の口座預金額の範囲内で即時決済される、デビットカードを利用することです。

 

まずは、お財布と同じように利用できる方法で、キャッシュレス決済をはじめてはいかがでしょうか。

キャッシュレス決済のリスクに備えるには

 

キャッシュレス決済のリスクとして、セキュリティを挙げる声も少なくありません。

ただ、仮に決済用のカードを紛失・盗難したとしても、現金のようにすぐに使われてしまうリスクや損害を、付帯する盗難保険がカバーしてくれるので、自己負担する必要は軽減されます。

 

また、ネット通販で高額決済する場合は、本人確認のためのパスワードを追加で入力したり、スマホで本人確認を行う2段階認証が設定されているので、カード情報が漏洩したとしてもリスクは軽減されます。

 

しかし、ここで気になるのが、自然災害などにより、キャッシュレス決済ができなくなることです。

昨年、発生した北海道胆振東部地震では、道内全域が停電となり、コンビニで電子マネーやクレジットカードが使えなくなってキャッシュレス社会の弱みを露呈することになりました。

こうした致命的な欠点を補うためにはどうするかと言えば、やはり避難袋の中に非常時用の現金をいくらか入れておくことでしょう。

1000円とか2000円ではすぐに足りなくなるので、家族が1週間程度過ごせる生活費を目安に、2万円〜3万円は入れておくと安心かもしれません。

 

ご紹介したように、現金を手元に置いておくと安心感があるかもしれませんが、社会がキャッシュレス化へと進むなかで、いかにリスクを抑えて利用するかは、考えておくべきでしょう。

 

まずはデビットカードから始めて、自身で管理できるようになり、そこから他の決済サービスに手を伸ばすのも手です。

デビットカードの基本的な仕組み

 

利用限度額=口座残高であるため、使いすぎを防げる

デビットカードのご利用可能額は引き落とし口座の残高なので、使いすぎを防止する効果があります。ご利用可能額を設定することもできるので、15歳以上(中学生除く、発行会社により異なる)の未成年者やカードに慣れていない高齢者でも安心して利用できます。

 

利用するとポイントがついておトク(各銀行、サービスによる)

デビットカードの中には、利用金額に対してポイントの付与や、キャッシュバックのあるカードがあります。利用するほどポイントやキャッシュバックで還元されるので、現金で支払うよりもおトクであると言えるでしょう。

 

利用のたびにメール通知(各銀行、設定による)

デビットカードを利用すると、つどメールにて利用された旨が通知されます。万が一不正に利用されたときでも、すぐに気づくことができて安心です。

 

海外ATMで現地通貨を引き出せる

デビットカードを海外ATMで使用すると、現地通貨を引き出すことができます。両替の手間が省けて便利です。

要チェック!デビットカード利用時の注意点 

分割払い・リボ払いができない

デビットカードは即時引き落としのため一括払いしか対応しておらず、分割払いやリボ払いはできません。

引き落とし口座の残高以上は利用できない

引き落とし口座に入っている残高以上は利用できません。もし口座残高以上をデビットカードで支払おうとした場合、自動引き落としがされず、エラーが表示されます。また、ご利用可能額の設定をしている場合、その金額が口座残高未満のときは、残高以下の金額でも利用できません。

キャッシングサービスが利用できない

デビットカードには、基本的にキャッシング機能はついていません。

ETCカードが発行できない

デビットカードは、原則としてETCカードを発行することができません。

 

ご自身でいろいろ調べて自分にあった方法で、

これからのキャッシュレスの時代に備えてみたください!

 

jiyuukeishiki.hatenablog.com

 

 

jiyuukeishiki.hatenablog.com

 

 

jiyuukeishiki.hatenablog.com