自由形式

「健康・お金・雑記」の記事をメモ感覚で書いている自由なブログです。

メンズ日傘の効果が絶大!


スポンサードリンク

 

f:id:jiyuukeishiki:20190803152524j:plain

 男性も日傘をさす時代!列島猛暑はメンズ日傘で涼しく乗り切ろう

年々夏の暑さが増しているような気がする昨今、夏の暑さ対策の必要性が高まっています。

特に、外回りの営業職の場合、日中の最も暑い時間帯にも外を歩かなくてはならないので、日差し対策は必須とも言えるでしょう。

今年に入って環境省から、男性も日差し対策として、日傘の利用を推奨する呼びかけがあったように、日傘は男性も使うべきアイテムとして注目を集めています。

 

日傘を使うと汗の量もストレスも軽減できる

環境省の調べによると、日傘を利用することで、1~3度体感気温が低くなり、熱中症の危険レベルも1ランク下がるほか、汗の量が17%少なくなるという結果も。さらに、上着を着用して歩行する調査では、上着を脱いで日傘をさすことで、ストレス指数が20%も軽減されるという結果となりました。日中の外出が多い職業の男性は、恥ずかしがらずに日傘を使用して、暑さ対策をしましょう。

「日傘は女性が使うもの」というのはもう時代遅れな考えになりつつあります。キャンプやバーベキュー、スポーツ観戦といったアウトドアシーンでも、日傘を適切に使用することで、身体を熱中症の危険から守ることができます。

帽子をかぶるよりもはるかに効果の高い日傘は夏の必需品と言えるでしょう。

男性でも使いやすいシックなメンズ日傘この流れを受けて、店頭や通販サイトでは、男性でも使えるシックなメンズ日傘の取り扱いが増えています。

ビジネスシーンでも使いやすいデザインが沢山あるうえ、多くの日傘は晴雨兼用となっているので、夏の急な雨にも対応できるので、毎日持ち歩くアイテムとして使いやすいものを選んでみてくださいね。

 

国が「日傘男子」を推奨

環境省は同省Webサイトを通じて熱中症対策として男性にも日傘の活用を促す取り組みを始めると発表しました。

男性が日傘を活用する効果を伝えるPOPを作り、日本百貨店協会などと連携して全国の百貨店売り場で呼び掛けます。

これまでは、日傘を差すという行為は「女性特有のもの」という印象が圧倒的に強かったと思います。

実際、世の中の傘売場に陳列される日傘は、4年ほど前まではほぼ100%女性用でした。

女性が夏の日差しや紫外線から肌を守るために利用される商品だったのです。

その日傘を「男性にも!」と環境省が推奨したのです。それほど日本の酷暑による身体への影響が大きくなってきたということです。

 

背景に熱中症の被害拡大

環境省は2018年度に全国9自治体と協力して熱中症の危険度を示す「暑さ指数」を調査しています。それによると、日傘を差す場合は差さない場合に比べて1~3度低くなるとの結果がでています。また、日傘によって汗の量が約17%減ることも判明しました。

特に、千葉市動物公園の調査では日傘を差した場合、WBGT(暑さ指数)測定値が3℃下がって熱中症警戒レベル(表参照)が1段階下がったのです。

環境省が調査に基づいて男性の日傘を推奨するに至ったのは、熱中症で倒れる人が続出しているからです。

総務省消防庁によると、18年5月~9月の熱中症による救急搬送人数は、9万5千人と過去最高でした。 さらに、20年7月~9月には東京オリンピックパラリンピックが開催されます。来日するたくさんの外国人観光客や選手、応援に出掛ける日本人が酷暑で倒れないための対策も求められています。猛暑対策で大きなマーケットができ始めているのです。

 

私の購入を考えています。

時代も気候も変わります。

 

 

jiyuukeishiki.hatenablog.com

 

 

jiyuukeishiki.hatenablog.com

 

 

jiyuukeishiki.hatenablog.com