自由形式

ウェルネス・お金関連・経済等の記事読んで共感したものなどメモ感覚で書いてます

筋トレで就活が楽勝になった!ある29歳男の物語

f:id:jiyuukeishiki:20190821004124j:plain

「大げさかもしれないけれど、僕は筋トレで大きく人生が変わったと思っています」

今年4月から公務員として働くFさん(29)は明るい表情でそう話した。

 

公務員を目指す

就職活動の際、公務員を志望し、既卒1年目は国や自治体の採用試験を受けたが、書類審査や筆記試験は通過できるのに、集団討論や面接で必ず落ちる。

「コミュニケーション能力に問題があるのでは」と悩んだ藤谷さんは、すでに公務員になっている先輩3人にスカイプで内容だけでなく話し方までチェックしてもらった。特に問題はなく、さらに悩むようになった。

 

今後の就職活動が不安になったのでカウンセラーに相談

全敗が決まった8月半ば、藁(わら)にもすがる思いで就活支援予備校の模擬面接を受けた。服装も立ち振る舞いもすべて本番と同じように再現。

模擬面接を終えた時、カウンセラーは衝撃的な一言を放った。

「第一印象がだらしない」 みだしなみには十分気を付けていた。

顔や髪を清潔に保つのはもちろん、ワイシャツはクリーニングに出し、ズボンも毎回プレスしていた。ところが面接風景を撮影した動画を見ると、確かにだらしなく見える。

 

身長170センチで当時は体重70キロ。メタボではないが、幼い頃から運動嫌いで、体に締まりがなかった。

公務員の面接はクールビズの期間に当たることが多いため、ジャケットやネクタイで隠すことができず、体形が丸見えだった。

「最初の10秒で勝負は決まると思った方がいい。体を引き締めるところから始めてみては」 カウンセラーからそうアドバイスを受けた藤谷さんは「とにかく自分を変えたい」と一念発起し、その足で近所のジムに入会。

見た目重視の筋トレメニューを組んでもらい、毎日1時間、マシンを中心に胸やおなか、太ももなどの筋肉をバランスよく鍛えていった。

 

人生変えるなら”6カ所”を鍛えよ!

f:id:jiyuukeishiki:20190821004750p:plain

まったく運動してこなかったぶん最初はきつかったが、そのかいあって2カ月後には体重が3キロ減って全体が引き締まり、ワイシャツの上からでもわかるほどに。

その後は自宅でできるトレーニングを続けた。12月に再度模擬面接を受けたところ、カウンセラーから「だいぶ印象が変わったね。この調子なら大丈夫」とお墨付きをもらうことができたという。

 

翌年受けた公務員試験のほとんどに最終合格

見た目が変わったことはもちろんですが、自信が持てるようになったことで立ち振る舞いにも変化が出たのだと思います。

ごく自然に体重が減り、今はベストの61キロで、体調もいい。職場で彼女もできました。以前のぽちゃぽちゃの私を知らない同僚からは『Fさんは筋肉質でスポーツできそうだね』と言われます。全然できないんですけど(笑)」

 

姿勢が抜群に良くなった!

Fさんは、筋トレによる想定外の効用として「姿勢が良くなったこと」を挙げた。

「僕は昔から猫背で、背中の真ん中あたりを椅子の背もたれに付けて頭だけ前に出すというスタイルだったんです。

でも筋トレをやるようになってから、背もたれなしで座ることが苦でなくなりました。就活でも、かなりプラスになったと思います」

実は、姿勢と筋肉には、深い関係がある。 「いわゆる『いい姿勢』を保つには、自分の身体を地球に対して垂直に保つ『筋力』と『バランス感覚』が必要です。ところが現代人は筋力が衰えていて、5分も保っていられない人がとても多い」

「この状態で余裕で30分座っていられるようになれば、筋力がついた証拠。首や背中・腰にかかる負担が減少し、頭痛や肩こり、腰痛、血液循環が滞ることによる冷え性などの改善も期待できます。

 

やるかやらないかは本人次第。

ちなみに私も筋トレで年収が上がりました。

筋トレで就活も姿勢も良くなりましょう。