自由形式

ウェルネス・お金関連・経済等の記事読んで共感したものなどメモ感覚で書いてます

22時以降に食べてはいけない2つの理由 しかし方法はある!


スポンサードリンク

f:id:jiyuukeishiki:20190909001557j:plain


太るのは分かっていても、どうしても仕事終わって帰ってから食べるので夕食が22時過ぎてしまい寝るのも遅くなる、でもこの生活習慣は変えられない。だんだん太っていく自分を見るのが嫌になって。痩せるのは無理なのか?と思う人もいるはず!

今日は夕食が遅い人や生活習慣が乱れがちな人でもダイエットできる方法をお伝えします。

 

夜遅く食べると太る 2つの理由

夜20時以降に食べたものは吸収しやすい

体にはサーカティアンリズム=概日リズムという体内時計が備わっています。

概日リズムにより夜が吸収しやすいサイクルになっているので、夜食べるのはあまりよろしくない。

概日リズム

約24時間周期で変動する生理現象で、動物、植物、菌類、藻類などほとんどの生物に存在している。

一般的に体内時計とも言う。厳密な意味では、概日リズムは内在的に形成されるものであるが、光や温度、食事など外界からの刺激によって修正される。

 

夜遅く食べることで睡眠中の活動が乱れてしまう

睡眠中は、脳や筋肉の働きは低下し「休む」状態になります。

睡眠中に動いているのは、内臓と呼吸筋。

これらは、脂肪をエネルギーにしていることから、睡眠中は「脂肪を消費する時間」に当たります。夜遅くに夕食を食べると入眠時間も遅くなり、睡眠時間が減ります。

休むに徹するために食べない方が心身にとてもいいのです。

 

睡眠中は、日中の肉体の疲れを取るだけでなく、脳の修復も行います。

その時に必要になるのが「成長ホルモン」。

この成長ホルモンは、空腹時に分泌されると言われています。

この修復がしっかり行われることで、次の日の活動量が結果的に増えることになり、代謝アップにも繋がります。

 

どうしても食べたい場合は、

 

・生野菜

・煮物

・汁物

 

上記の3つで済ませ。

腹五分目で終わらせ内臓に負担にならないレベルで済ませましょう。

 

仕事で遅くなる人は、

夕方にどこかで食事ができるタイミングがあるはず、スキマ時間があるはずその時に軽食を済ませることが一番ベストです。

そういう時間がないかをさがしてみてはいかがでしょうか。

 

jiyuukeishiki.hatenablog.com

 

 

jiyuukeishiki.hatenablog.com

 

 

jiyuukeishiki.hatenablog.com

 

 

jiyuukeishiki.hatenablog.com